帝京大学

帝京大学 page 58/160

電子ブックを開く

このページは 帝京大学 の電子ブックに掲載されている58ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
帝京大学

Department of Business Administration経営学科目的意識と積極性をもって、問題発見力と問題解決力を身につけてほしい。学科長新田忠誓Tadachika Nitta専門分野:財務会計論、簿記論(2012.4現在)コース紹介■経営コース■経営とその実践を学ぶ「経営コース」、会計とその実践を学ぶ「企業と会計コース」、スポーツ関連の経営を学ぶ「スポーツ経営コース」の3コースを、入学後に選択できます。■すべての科目を、入門、専門基礎、専門発展とレベル分け、自分の興味や能力ないし学習進度に合わせて学ぶことができます。■自ら現実の社会とくに企業社会の問題発見とその解決ができるよう、理論と実践を有機的に結びつけた教育を行います。カリキュラムのしくみと専門科目(2012年度)1年必修である「ライフデザイン演習」と並行して、「経営学総論」「簿記原理」「スポーツ経営論」等の専門教育科目を履修し、経営、会計、情報、数理関係の学問の基本を修得。「会計学原理」では、利益獲得活動を示す損益計算書と、その結果の状態を示す貸借対照表の作り方や見方を習得し、企業経営の姿を学ぶ。2年「基礎演習」を必修科目として、「経営管理論」「財務諸表論」「ヨーロッパ型スポーツ経営」等の専門教育科目も併せて履修することで、経営、会計、情報、数理関係の学問の発展のため基礎づくりを行う。「スポーツ法学総論」では、スポーツビジネスの背景にある法律の概要を日米の事例を交えながら学習し、スポーツビジネスに必要となる最低限の法知識を習得する。3年発展的な経営・会計・スポーツ経営の専門科目を履修。3年次で行われる必修の演習(ゼミナール)を通じて、経営学、会計学、環境・交通・保険学およびスポーツ経営、情報科学・数理科学の各専門分野の知識を高める。4年これまでに履修した入門、基礎、発展科目をふまえて、経営学、会計学、環境・流通・保険学およびスポーツ経営、情報科学・数理科学の各専門分野において、さらなる知識を深めるとともに、経済社会で活躍できる技能を完成させる。●ライフデザイン演習Ⅰ・Ⅱ◎経済学概論Ⅰ・Ⅱ◎日本経済入門Ⅰ・Ⅱ◎経営学総論Ⅰ・Ⅱ◎簿記原理Ⅰ・Ⅱ◎会計学原理Ⅰ・ⅡCHECK 1◎入門ミクロ経済学Ⅰ・Ⅱ◎入門マクロ経済学Ⅰ・Ⅱ◎リスクと保険Ⅰ・Ⅱ●基礎演習Ⅰ・Ⅱ◎経営管理論Ⅰ・ⅡCHECK 2◎現代企業論Ⅰ・Ⅱ◎経営史Ⅰ・Ⅱ◎社会保険論Ⅰ・Ⅱ◎社会調査論Ⅰ・Ⅱ◎上級簿記Ⅰ・Ⅱ◎財務諸表論Ⅰ・Ⅱ◎財政学Ⅰ・Ⅱ◎金融論Ⅰ・Ⅱ◎(企)基礎税制論Ⅰ・Ⅱ◎(ス)アメリカ型スポーツ経営Ⅰ・Ⅱ◎(ス)ヨーロッパ型スポーツ経営Ⅰ・Ⅱ◎(ス)スポーツ法学総論Ⅰ・Ⅱ経済統計学Ⅰ・ⅡCHECK 3基礎税制論Ⅰ・Ⅱ工業簿記原価計算論●演習Ⅰ・Ⅱ生命保険論損害保険論経営戦略論Ⅰ・Ⅱ経営組織論Ⅰ・Ⅱ技術移転論Ⅰ・Ⅱリスク・マネジメントⅠ・Ⅱ国際経営論Ⅰ・Ⅱ経営システム論Ⅰ・Ⅱ品質管理Ⅰ・Ⅱ財務管理論Ⅰ・Ⅱ企業金融Ⅰ・Ⅱ金融工学Ⅰ・Ⅱ人的資源管理論Ⅰ・Ⅱベンチャー・ビジネス論Ⅰ・ⅡマーケティングⅠ・Ⅱ流通システム論Ⅰ・Ⅱ産業・企業研究Ⅰ・Ⅱ会計監査論Ⅰ・Ⅱ税務会計論Ⅰ・Ⅱ国際会計論Ⅰ・Ⅱ管理会計論Ⅰ・Ⅱ卒業論文Ⅰ・Ⅱ総合講義Ⅰ・Ⅱ(社会人基礎力養成)◎統計学Ⅰ・Ⅱ◎スポーツ経営論Ⅰ・Ⅱ◎経済史概論Ⅰ・Ⅱ基礎法学Ⅰ・Ⅱ〈会〉簿記論Ⅰ・Ⅱ〈会〉財務諸表論Ⅰ・Ⅱ〈ス〉スポーツ指導者の基礎Ⅰ・Ⅱ〈ス〉スポーツ社会学〈ス〉身体の働きと栄養経営分析Ⅰ・Ⅱアメリカ型スポーツ経営Ⅰ・Ⅱヨーロッパ型スポーツ経営Ⅰ・Ⅱスポーツ法学総論Ⅰ・Ⅱ情報処理論Ⅰ・Ⅱ情報処理演習Ⅰ・Ⅱデータ処理演習Ⅰ・Ⅱ日本経済論Ⅰ・Ⅱ国際経済論Ⅰ・Ⅱ経済政策論Ⅰ・Ⅱミクロ経済学Ⅰ・Ⅱマクロ経済学Ⅰ・Ⅱ日本経済史Ⅰ・Ⅱ日本の中小企業Ⅰ・Ⅱ暮らしの経済学Ⅰ・Ⅱ観光経営学Ⅰ・Ⅱ宿泊産業経営論Ⅰ・Ⅱ自然環境論Ⅰ・Ⅱメディアスポーツ論Ⅰ・Ⅱスポーツジャーナリズム論Ⅰ・Ⅱスポーツ産業構造論Ⅰ・Ⅱスポーツ学原論Ⅰ・Ⅱライセンスビジネス論Ⅰ・Ⅱスポーツ環境論Ⅰ・Ⅱ情報システム論Ⅰ・Ⅱ情報ネットワークⅠ・ⅡプレゼンテーションⅠ・Ⅱ情報と職業データ解析Ⅰ・Ⅱ図形処理と画像処理国際金融論Ⅰ・Ⅱ証券論Ⅰ・Ⅱ証券市場論Ⅰ・Ⅱゲーム論Ⅰ・Ⅱ金融革命と資産運用証券投資論会社法Ⅰ・Ⅱ租税法Ⅰ・Ⅱ行政法Ⅰ・Ⅱ労働法Ⅰ・Ⅱ(1~3年の専門科目から、目的意識をもって自分の興味にあった科目を選択します。)●:必修◎:選択必修無印:選択〈ス〉スポーツ情報論Ⅰ・Ⅱ〈ス〉スポーツ医学Ⅰ憲法Ⅰ・Ⅱ民法Ⅰ・Ⅱ商法Ⅰ・Ⅱ(企)(ス)経営管理論Ⅰ・Ⅱ(ス)財務諸表論Ⅰ・Ⅱ〈FP〉特別講義Ⅰ・Ⅱ〈ス〉トレーニング論〈ス〉スポーツ経営学〈ス〉指導者論Ⅰ・Ⅱ〈ス〉スポーツ医学Ⅰ・Ⅱ経済法Ⅰ・Ⅱ教員・専門分野岩﨑健久教授/税法・税制論、政策過程論、財務会計・会計監査論大坪正則教授/スポーツ経営学石毛宏教授/産業論、企業分析長谷川洋三教授/経営谷内達教授/人文地理学、オーストラリア地域研究吉田正樹教授/経営学、経営史高山清治教授/簿記原理、財務会計、税務会計樫原正勝教授/商業学、マーケティング論、経済学方法論丹羽憲夫教授/企業戦略論松井憲一教授/経営戦略論、経営管理論、イノベーション論円谷洋一教授/マーケティング戦略論、マーケティング・コミュニケーション論石原裕也教授/財務会計論、簿記論鯉沼宏治教授/不動産開発・運営管理瀬藤澄彦教授/国際経営学、欧州経済統合論、フランスの政治・経済・産業・都市・流通論岩﨑二郎教授/人事管理論、労務管理論、会計学、実践マネジメント論この授業に注目!飯田大将さん(3年)立志舎高等学校出身Profile:一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。商学博士(一橋大学)。神奈川大学経済学部助教授、慶應義塾大学商学部教授、一橋大学商学部・大学院商学研究科教授などを経て、2011年より本学教授。一橋大学名誉教授。1985年日本会計研究学会学会賞、1987年日本会計研究学会太田賞、1988年日本公認会計士協会学術賞を受賞。公認会計士・不動産鑑定士・税理士試験試験委員・全国経理教育協会検定試験委員などを歴任。現在、日本簿記学会会長、財務会計研究学会理事。岡崎洋次郎教授/経営学森郁夫教授/経営管理、ファイナンス澤山弘教授/金融論、環境ビジネス論、ソーシャルベンチャー論藤嶋喬教授/Business Administation澤田義博教授/理論経済学森建資教授/労使関係小川一夫教授/会計学谷崎敦彦教授/マーケティング戦略論田﨑愼吾准教授/フランス農村史岩瀬泰弘准教授/保険学、リスクマネジメント論佐藤英人准教授/都市地理学、経済地理学、地理情報システム高木健美准教授/マーケティング薄葉徹郎講師/ビジネス英語、英米文学明石守講師/会計学、内部監査中村亮介講師/財務会計論・実証的会計分析飯塚陽介講師/経営史、経済史、技術史楊錦華講師/コーポレート・ガバナンス、企業戦略横山暁助教/多変量解析、データマイニング会計学原理Ⅰ・ⅡCHECK 1経済活動の基本を担うのが企業であり、経済学・経営学を学ぶうえでも、企業活動を数値によって把握する会計の知識は欠かせません。講義では、企業の状態または成績を表す会計報告書(財務諸表)がなぜ必要とされるのかという視点から出発し、最終的には財務諸表の作り方を学びます。さらに、財務諸表分析の方法を勉強し、財務諸表を見る力と企業管理力も養います。経営管理論Ⅰ・ⅡCHECK 2停滞する市場環境の下で企業が成長を達成する上では、イノベーションを通じて新たな価値を持続的に作り出すシステム作りが要点となります。講義では、「イノベーション」の本質からはじまり、企業における製品開発プロセスやシリコンバレーなどの産業集積、さらには産学連携や知的財産権に至るまで、今日の企業経営者がイノベーション・プロセスをマネジメントする上で知っておくべきトピックについて手広く学習します。ヨーロッパ型スポーツ経営Ⅰ・ⅡCHECK 3サッカーのルールや組織は、約140年前にイングランドで創設され世界に普及しました。Jリーグは、その商習慣を踏襲しています。本講座は、前期に、ヨーロッパ5大国トップリーグの経営状況を把握すると共に、UEFAやFIFA及びそれらが保有する国際大会をビジネスの面から分析します。後期に、ヨーロッパと比較しながらJリーグが抱える課題を整理し、各クラブの経営状況を理解できるようにします。Student Message自分で考えて行動する力が身につく。マーケティングやスポーツ経営に興味があって帝京大学を選びました。授業は現在のリアルな経済をベースとした授業が多く、興味の幅が広がります。夏にはアドバンストインターンシップで営業の仕事を体験。苦手だった人前で話すことも克服しました。人と接する業界で起業する夢に向かって、もっと幅広い知識と経験を身につけたいと思います。企業経営に必要な専門知識が効果的に学べます。経営についての基礎科目はもちろん、財務および労務管理や企業戦略、ベンチャー・ビジネス論など、多彩な分野を学習します。卒業後は、本学大学院経済学研究科でMBAを取得するコースもあります。■企業と会計コース企業の経営的・財務的基盤の理解をはじめ、記帳管理などの実務面、財務諸表の作成や見方など、企業と会計の基礎から応用までを学びます。卒業後も学びたいという学生のためには、大学院で公認会計士や税理士をめざす道も用意されています。■スポーツ経営コース経営全般を学びながら、スポーツ経営にかかわる多彩な分野について理解を深めます。卒業後は、プロスポーツ経営だけでなく、スポーツ関連を含む一般企業、公務員として企業の活性化や町おこしなどにも力を発揮できます。また、「海外インターンシップ」もあります。●教員免許中学校教諭一種(社会)・高等学校教諭一種(地理歴史、公民、商業、情報)●学芸員●図書館司書●司書教諭●社会教育主事任用資格●スポーツリーダー●2級ファイナンシャル・プランニング技能検定受験資格(p.53参照)●キャンプインストラクター金融7.5%・西武信用金庫・住友生命・明治安田生命・損保ジャパン・中国電力・九州旅客鉄道・三越伊勢丹ホールディングス・伊藤園取得可能な資格卒業後の進路情報通信3.9%不動産7.1%メーカー9.7%進学9.7%公務員1.9%主な就職先2012年商社16.6%キャンパス情報・サマンサタバサジャパンリミテッド・レオパレス21・東芝テック・リコージャパン・SMBC日興証券・警視庁…etc.教員0.3%流通22.8%サービス20.5%1~4年次八王子キャンパス(詳細p.134)経済学部(企)企業と会計コース、(ス)スポーツ経営コース〈会〉会計人講座のみ、〈FP〉ファイナンシャル・プランナー講座のみ/各講座とも選抜試験に合格した者のみ履修可、〈ス〉スポーツ指導者養成コース科目56■Faculty of Economics Faculty of Economics■57